ホーム今月の特集物件>【八幡西区】『平屋の家』(八幡展示場)

今月の特集物件

所在地 :北九州市八幡西区永犬丸1丁目9番
事業主:辰巳開発(株)

八幡西区

『平屋の家』(八幡展示場)

ポイント

  1. ワンフロア、家族がひとつながりの心地よさ
  2. 開放感抜群!勾配天井のある明るいリビング
  3. くつろぎのプライベートスペースも充実

家族のつながりを考えた『平屋の家』

辰巳開発株式会社
鈴木さん・井上さん

今、改めて注目されている平屋住宅。ワンフロア、ひとつながりの心地よさが見直されているようです。そこで、訪ねてみたのが八幡展示場にある辰巳開発の『平屋の家』。
ひとつ屋根の下に、コンパクトでありながら最大限の豊かな広がりを実現させたという『平屋の家』は、見学に訪れたご家族にも大好評だとか。和モダンな外観も、ひときわ目を引きます。
辰巳開発株式会社の鈴木さん・井上さんに案内していただいたのは、ただの平屋住宅ではなく、ワンフロア空間で「家族」が「自然」が「安心」がつながる、これからの時代の『平屋の家』でした。

開放感抜群!勾配天井のある明るいリビング

⎯⎯ まず、この玄関ホールですが、明るくて広いですね。

鈴木さん「ゆったりとしたスペースを確保しています。玄関ドアが引き戸というのも使い勝手が良いです。」

⎯⎯ 確かにそうですね。そして、玄関を開けると目に飛び込んでくるのが…。

鈴木さん「目に飛び込んでくるのが正面の坪庭とゆとりの玄関ホールです。引き戸を開けた時のお客様の驚きの反応が一番楽しみです。この坪庭は、例えばクリスマスツリーを飾ったり、プライベートスペースとして縁側風に使っていただいたりすることもできます」

⎯⎯ クリスマスツリーですか!想像しただけでワクワクしますね。

鈴木さん「この『平屋の家』の一番の特徴は、プライベートスペースとパブリックスペースを分離していることです。プライベートな時間をゆったりと過ごしていただく静寂の空間と、家族団欒やゲストを迎えてのホームパーティを楽しんでいただく開放的なゆとりの空間とを分けています」

⎯⎯ なるほど。パブリックスペースの中心が、この明るいLDKですね。

井上さん「はい、19帖の大空間LDKです」

⎯⎯ リビングは天井が高いですね。吹き抜けみたい。

井上さん「最大約5mの勾配天井になっていますから、開放感は抜群ですよ」

⎯⎯ キッチンは、憧れのペニンシュラキッチンじゃないですか!

井上さん「キッチンの正面には南向きの窓があるので、特に朝は爽やかな陽の光が射し込んで、なんとも清々しい空間の中で朝食の準備をしていただけます。また、夕方はキッチンカウンターで勉強したり遊んだりするお子様を見守りながら夕食の準備ができます」

⎯⎯ 家族の絆がますます強まりそうですね。

井上さん「和室は、お客様をお通しするのにも最適です。和室を開放すれば、リビングと一体になった大空間が誕生しますから、大勢でワイワイ楽しんでいただけます」

 

●玄関ホール
ゆったり広い玄関ホール。坪庭がお出迎えしてくれます。

 

●リビング
開放感抜群の高さ5mの勾配天井が印象的なリビング。

●和室
吊り戸棚のある和室はゲストルームとしても最適。開放すればリビングと一体になった大空間が誕生します。

●キッチン
人気のペニンシュラキッチン。美しく機能的な広々設計です。

 

くつろぎのプライベートスペースも充実

⎯⎯ プライベートスペースはどうなっていますか?

鈴木さん「主寝室は8帖で、2帖の書斎と2帖のウォークインクローゼットを備えています」

⎯⎯ 主寝室に書斎があるのはうれしいですね。就寝前の読書はもちろん、趣味のスペースとしても利用できる、まさに自由空間という感じ。それに、アクセントが効いたクロス使いなども工夫されていて、とってもくつろげる空間になっていますね。

鈴木さん「子ども部屋は、お子様の成長に合わせて将来、間仕切りも可能です」

⎯⎯ こちらも木をふんだんに使っていて、ナチュラルテイストの明るい空間が子ども部屋にぴったり!

鈴木さん「クローゼットには通気のよい扉を採用するなど、細かなところにも配慮しています」

⎯⎯ 暮らすほどに使い勝手のよさや快適さを実感できそうですね。水廻りはいかがでしょう。

井上さん「将来のことを考えたユニバーサル仕様の水廻り設計になっています。もちろん、浴室には暖房・乾燥機能も付いていますので、いつも安心して清潔にご使用いただけます。また、勝手口も引き戸になっていて、ドアを閉めたまま採風・換気ができます」

⎯⎯ 実際に案内していただいて、単なる平屋住宅とはまったく違う、辰巳開発さんならではの豊かな広がりを実現した『平屋の家』だということがよ〜く分かりました。最後に、皆さんへのメッセージをお願いします。

井上さん「まだまだご紹介したいところがたくさんあります。実際に八幡展示場の『平屋の家』を見学していただけば、"ワンフロア空間で「家族」が「自然」が「安心」がつながる家"の魅力を体感していただけると思います。皆様のお越しをお待ちしております」

●主寝室
落ち着きある主寝室には書斎とウォークインクローゼットがあります。

 

●子ども部屋
明るい子ども部屋は間仕切り可能。

取材を終えて

こんな家に住みたい!そう実感できる『平屋の家』です。何よりも、くつろぎのプライベートスペースと、もてなしのパブリックスペースを分ける、という発想が新鮮で、しかも非常に実用的だと感じました。中でも印象に残ったのは、勾配天井のリビングとペニンシュラキッチンのある広々LDK。1日の中でも射し込む光の具合によって表情を変えるとか。家族が自然と集まってきて、楽しい団欒のひと時を過ごせそうです。坪庭があるというのも見逃せません。玄関を開けてすぐ目に入るので、四季折々、お客様をお出迎えする演出をいろいろ工夫してみるのも楽しいのではないでしょうか。実際に辰巳開発の『平屋の家』を見ていただくと、きっと平屋住宅に対するイメージが大きく変わると思いますよ。