ホーム今月の特集物件>【八幡西区】自然の木と西洋漆喰の『新コンセプトハウス』

今月の特集物件

所在地:北九州市八幡西区町上津役西4丁目2-16
事業主:昭和住宅 (株)

八幡西区

自然の木と西洋漆喰の『新コンセプトハウス』

ポイント

  1. 健康にも配慮した西洋漆喰仕上げの壁面
  2. 「なるほど」と納得の提案がいっぱい
  3. 抗酸化工法でシックハウス症候群対策

自然の木と西洋漆喰の『新コンセプトハウス』

昭和住宅株式会社
代表取締役 三徳屋 浩さん

木の家には、心をホッと和ませてくれる温もりとやさしさがあります。昭和住宅は、本物の木にこだわった「家づくり」を続けて45年。家族が健やかに暮らせる木の住まいを体感できるのが八幡展示場、「自然と木と西洋漆喰の『新コンセプトハウス』」です。一軒の家の中で、例えばフローリング一つにしても様々な提案をしているため、「この部分とこの部分を組み合わせて…」というように、具体的なイメージがつかみやすくなっています。
昭和住宅株式会社の三徳屋さんに案内していただいた『新コンセプトハウス』には、新鮮な感動と発見がいっぱいでした。

健康にも配慮した西洋漆喰仕上げの壁面

⎯⎯ (玄関を開けて中に入った瞬間)わぁ、木のいい香りがしますね。ここは『コンセプトハウス』ということですが。

三徳屋さん「通常のモデルハウスとは違って、空間ごとに床やドアなどの材質・色をバラバラにしています。例えば床材の場合、ダイニングキッチンはうづくりのパイン材、洗面所はひのき、トイレは水をはじく竹、2階の主寝室はチーク、子ども部屋はラバー(ゴムの木)、廊下は桜というように、一軒の家の中で多彩なご提案をしているわけです。実際に見て、触れて、『これがいい』と実感しながら、お気に入りを組み合わせて、理想の家をつくっていただくことができます」

⎯⎯ なるほど。サンプルを見るのと、実際の住空間の中で確認するのとでは大違いですからね。(壁面を見て)これが西洋漆喰ですか?

三徳屋さん「そうです。漆喰の壁は調湿効果があり、目地のない自然な仕上げを実現できます。シューズクロークのオレンジ色の壁には、抗酸化溶液を使って腐敗の進行を食い止める抗酸化工法を採用しています。ローコストで大きな効果を発揮し、シックハウス症候群の対策にもなるんですよ」

⎯⎯ 独特の風合いが楽しめるだけでなく、人にもやさしい健康住宅ということですね。

三徳屋さん「人にやさしい工夫はまだあります。アルミ遮熱材を使用することで、太陽の放射熱を97%カットし、家の温度上昇を防いでいます。この遮熱シートの省エネ住宅施工によって、気密・防水・耐放射熱を兼ね備えた快適な居住空間が実現します」

「なるほど」と納得の提案がいっぱい

⎯⎯ リビングに吹き抜けが2カ所ありますね。

三徳屋さん「これも『コンセプトハウス』ならではです。モダンな吹き抜けと木を生かした吹き抜けの2つのタイプをご提案しています」

⎯⎯ 同じ吹き抜けでも、雰囲気がまったく違う。こうして見比べると、分かりやすいですね。

三徳屋さん「こちらの和室の中でも、いろいろなご提案をしているんですよ。例えば天井は、梁見せにしています」

●吹き抜け1
天井にシーリングファンがあるモダンなタイプの吹き抜け。

●吹き抜け2
木をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気の吹き抜け。

⎯⎯ へ〜え、こういう天井にすることもできるんですね。

三徳屋さん「リビングと洗面所の間にはパティオを設けています」

⎯⎯ いろいろ使えそう。パティオはウッドデッキにつながっているんですか?

三徳屋さん「そうです。浴室からもウッドデッキに出られるようになっています。ウッドデッキはリビングにもつながっていて、フルオープンサッシになっているので、開放すれば大空間が誕生します。これを見て、『こういうのもいいな』と具体的なイメージを描くヒントになれば幸いです」

⎯⎯ 大いになると思いますよ。それに、家の中をこうして歩いていると、床材の違いも実感できていいですね。

三徳屋さん「中2階には子ども達が勉強したり、パソコンを使ったりできるカウンターを設けています。キッチンのお母さんから目が届くので安心です。壁には可動式の棚を設けています」

⎯⎯ ちょっとしたアイデアですが、これは便利ですね。

三徳屋さん「2階では山小屋風の部屋もご提案しています」

⎯⎯ すごい、ブランコがある! こんな部屋があったら、毎日が楽しくなりますよ、きっと。

三徳屋さん「2階にはこのほかに、主寝室と子ども部屋があります」

⎯⎯ ひと通り見て回るだけでも、家づくりの夢が膨らみますね。最後に、皆さんへのメッセージがあればお願いします。

三徳屋さん「ここでご紹介している以外にも、様々なご提案ができます。実際に『新コンセプトハウス』を見学していただき、気に入ったものを活かして、それぞれのご家族に合った家づくりをしていただければと思います。『こんなことはできないだろうか』というご相談も、お気軽にどうぞ! 皆様のお越しをお待ちしております」

●パティオ
穏やかな時間を過ごすのに最適な憩いのスペース、パティオ。

●中2階
子ども達の勉強スペースがある中2階。キッチンから見えるので、何かと安心。

●2階・山小屋風木の部屋
山小屋風の木の部屋。天井にはアルミ遮熱材を確認できるスペースも。

取材を終えて

子ども達が健やかにノビノビと育つ家。吹き抜け空間に勉強スペースを置くという発想が新鮮です。そして、家族が快適に安心して暮らせる健康住宅というのも、見逃せないポイントです。 昭和住宅の「自然と木と西洋漆喰の『新コンセプトハウス』」は体験型の展示場、そんな印象を持ちました。百聞は一見にしかず。しかも、一カ所で材質、カラー、インテリア、さらに使い方までいろいろな提案を体感できるのは大きな魅力といえるでしょう。自社の山林を持ち、木の住まいづくりには定評がある昭和住宅だけに、中には「こんな木の使い方もあるんだ」と感心する提案も。どんな提案かは、皆さんの目で実際に確認してみてください。西洋漆喰独特の味わい深い風合いも必見ですよ。